DIARY 2008年 7月

モドル





 ◆個展のため    
 
 ここから先のニッキは、
 個展実況ブログ「From Distance--Tama's Note--」 にてご覧下さい。
 







 ◆屋根裏部屋の色    2008, 7/6(sun)
 
 あまり外に出てないので、この時期には珍しく足の脛が白いです。

 嬉しいっv

 人よりもメラニンが多いのか、
 学生の頃なんて、文化部の分際で、陸上部の子よりも焼けてたという 苦い思い出があります。
 そのくせ髪の毛の色素は薄いので、カラーリングの疑いで指導室に呼び出されたりして、
 まさに夏は踏んだり蹴ったり・・・
 このまま秋まで白くいられますように‥…━━━★


 さて、個展の準備も大詰め。
 今週の水曜日あたりには、荷物を全て画廊に郵送します。
 作品を郵送するって、福井で個展した時以来ですが、つくづく不安です+
 額装してあるので、ガラス破損したら大変だし、
 底が抜けて中身が落ちてたら・・・とか、
 ダンボールのどれかだけ到着しなかったら・・・とか、
 想像力をネガティブ方面へ発揮するのは大得意( ̄x ̄;)

 自分が利用する高速バスも心配!!!
 例えば、
 寝てる間に別の所に運ばれて、目覚めたらピョ●ヤンだったりするんじゃないかとか。
 そして北の外国の見世物小屋なんかで、家畜のような扱いを受けている自分を勝手に想像して
 憐れんだりね。。。(馬鹿)

 二階建てバスが横転無しに湾岸道路を無事に走りきれるのかどうかってのも、大きな不安要素ですね。
 強風なんか吹いたらイチコロなんじゃないのか?ダブルデッカー。

 大阪東京間を3回も往復するわけですから、
 何かあってもおかしくないかもって考えをどうしても拭えないのですが、
 見世物小屋に行くにしても、事故車両に押し潰されるにしても、
 とにかく搬入&初日を無事に終えてからにして欲しいものです。


 そりゃあもちろん、最終日まで何事も無く、
 ちゃんと大阪のおうちに帰って来れるのならば言う事ありません。

 アーメン(´□`)☆彡



  
展示に使うリネンとレース。 手染めしたり手縫いしたり。