2002年 10月

 *-*-*もどる*-*-*

 

つまんねぇことしか書けねーわ。


02/10/30 (
wed) 

今日の夕方、謎のおじさんが家を訪ねてきました。
小さな荷台に荷物をいっぱいつめて、「一晩だけでもいいから泊めてください・・・」と言うのですが、
うちのじーちゃんがどやすとコソコソとどこかへ逃げて行きました。
多分ホームレスか旅の人だと思います。
じーちゃんが追い返すのを見ながら私は、 この人がもしかして昔話に出てくるような 善人にだけ小判を出してくれる神様だったりしたら どうしよう。。と思いました。
今ごろこの寒空の下凍え死んでるか、東尋坊の藻屑と化してるかもしれません。
借金取りから逃げてきた元大会社の社長とかならもしかしてほんとに小判をくれたかもしれません。
なーんて。世の中いろんな人生があるもんだと思いました。

それはそうと、私室の窓を静かに閉める方法を発見しました。
私の部屋の窓は古いステンレスがきしんですごいおっきくて気持ち悪い音がするのです。
度々の地震と親父の足音が引き起こした歪みが原因と思われる。
夜中に外を見ようと窓を開けるとその音が響き渡って、隣の部屋のおやじが目を覚ますんじゃないかと
大変ひやひやして困ります。
文字で表すと「キュルキュルキュキュル」っていう音なんだけど、乾燥してる日なんかは超音波発しそうな勢いで鳴ってめちゃんこ不愉快なんです。
それがさっき偶然、窓ガラスを手で抑えながら開け閉めすると音がしないということに
この20数年で初めて気がつきました。
「き」と「ち」が言えるようになった瞬間と同じくらいの大発見です!!
油を差したらスムーズな動きになるんでは・・・とかいうのは突っ込み無し・・・
これで毎晩嫌な汗をかかないで快眠できることでしょう♪
めでたしめでたし。



メランコリック木彫り魂


02/10/28 (
mon) 

うぎゃあああーーー アラレが降ってきたあぁぁぁーーー!!!!!
冬だ! 冬到来!!
なのにセーターは穴だらけ・・・(涙)

こんな激寒の日々の正しい過ごし方。それは、
彫り師
彫り師モード突入でございます。
突然造形美に目覚めてしまいました。
どうせフリーター人生。有り余ってる時間を凝った事に使おうと思い立ったのが悪夢の始まり。
冬になると毎年必ずと言ってよいほど、ちまちま行動に出るのですね・・・
今のところ編物だけは免れてますが、テディベアも一体何匹作ったことか。
千羽鶴も折りました。

とりあえず今、40号サイズのベニヤに木版よろしくレリーフを彫ってる最中です。
上から絵の具やメディウムを載せてちょっとコラージュぽくして、ハイソな寝室に飾ってあるような
抽象作品に仕上げてみようかなっつーか出来るんかいなってなかんじです。
大学で木版やったことあるって言っても、私は別名「刃物を持つと自動的(?)に怪我する女」なので
すでに手が瀕死に近い状態だったりします・・・
非常に痛いです。
木槌で打ちつけたりもしたので青タン付きです。
それと筋肉痛でキーボード打つのもままならんっ(泣)!!!  仕事に差し障りそうで心配です。。。
こんな小学生並みの技術で、しかし気合いだけは一人前にペニシリン(謎)とか聞きながら
テンションあげまくって彫った甲斐あってか、彫りはどうにか完了しました♪
あとはコテコテに塗り捲るだけ!!

彫るのは結構楽しいです。
かたい面とかは体重かけて彫らないといけなくてめっちゃしんどいけど、
達成感があります。 リトやってた時のキモチと似てるかもしれない。
やっぱり私は黙々とした作業というモノが好きなんかも。(先天性事務員)
厚さ1.5cmのベニヤが薄っぺらくなるくらい深く彫ってるので、ほんまはノミが欲しいとこですが、
そこは気合いでホームセンターに売ってるごく普通の彫刻刀(丸刀)で主に彫っています。
こんな一見バカみたいな作業、気合いしかありません! 気合いだーーおらーーー!!!

同じ題材で作品作るなら、10点は無いとダメだなと思っているので、
この冬は木彫りに徹します。宣言。 ハルもイタリア行っていなくなるし。時間いっぱい。
半年後にはきっと敏腕ギタリストのようなマッチョな二の腕&手首になってることでしょう。
・・・ううん。それはそれでちょっとカナシイかも。。。


 

いっぱいUPしたぞv


02/10/21 (
mon) 

ハルの新作を4点と、気まぐれお写真と、みんなのお絵描きBBSで描いた絵
をいっぺんにUP!
ハルの新作はまたもや鼻血レベルですvvv
次々に賞もとってますよ!! 昨日は県美展の知事賞受賞の連絡が入りました♪♪
知事賞って!1点しか出さへんかったのに最優秀賞だよーー!! 
きっとまたいっぱい取材が入ります。たいへんー! きゃーv 嬉しい悲鳴ーーvvv
ついでにリキテックスビエンナーレと美浜美術展 でも入賞しました♪
これからヤツを美術賞破りと呼びましょう・・・(笑)
がっぽりと稼いでもらおうと思いますv うへへへ・・・vvv

比べてしょぼしょぼですが、私のヘタクソ写真も増えました。。。くそー やっぱへただ・・・
でも今度のんはEPIONで撮ったのでいつもよりも画像はキレイなはず。
ともちゃんやminchiさんやそよさんちのお絵描きBBSで描いた絵もドカンとUPしたし。
なぜか全部オンナノコ。 構図も似たり寄ったり。気にするナ。
描かせて頂いてるみなさんいつもありがとうですv


さて、季節は衣替えですね。ここで大事件発生だったりします。
箪笥にしまっておいた冬服が虫に食われたーーー!!(号泣)
セーター&ニットがほとんど死滅しました・・・・・今年は暑かったからなあ・・・
いままで虫食いになんて遭遇したことなかったので甘く見てました。
あいつらめっちゃ食いよん(激怒)
一個の穴ならまだしも何箇所も何箇所も何箇所も!! あーーーん!!
新しい服っていうよりも着古した定番アイテムがお好きなようです。それも泣けます。
初めてやー こんなんーー めっちゃくやしいーーーっっ
防虫剤を入れるのをめんどくさがった私の怠慢のせいというだけであのコたちを捨てるには忍びないので
リメイクして巾着袋かなんか作ろうと思います・・・
テディのお洋服も作ろうっと・・・・・(哀)


 

公募ガイドにハル掲載!!


02/10/15 (
tue) 

大変申し訳なくも謝らねばいけないコトがひとつ・・・

以前からBBSでハルの記事が載る公募ガイドについていろいろ書いたんですが、
ともちゃんやkanaさんには「11月発売号です!」とおもきし啖呵切って言ったくせに
なんと、今月発売のやつに既に載ってます・・・!!! (大汗)
自分が発売日を勘違いしてたーー(泣)
今売ってるやつにめっちゃハルが載ってます!! やばいそげーー!to本屋!!
前の方のページで、「受賞の言葉」っていうコーナーです。目次にも名前が載ってます。
半ページまるまるハルワールド(?)です。

大賞受賞作品(丸い大地と13のめ)と文章がつらつら長々と書いてある他、
なんと大サービスで顔写真まで載ってちゃったりしてます!
その写真はフィレンツエ賞の画集内の作家紹介用に、私が撮ったものですが、
新聞やら地元雑誌やらに使いまわしもされてて、その度にものすごく評判が悪いというシロモノなので
その顔をハルだと思って見ないで下さい(笑)
別に私は結構良く撮れたと思ってんねんけどさー みんな散々なこと言いやがるのよ(怒)
斜め顔が良くなーい んだって。
だって、プロフィールでめっちゃカメラ目線の真正面撮りってキモくない?
キライやねん。ああいう照明写真みたいなのん。
ほんまは横顔とか伏せ目で撮ったのがいいくらいやねんでー これくらいで勘弁してくれろ。

とゆーワケなので、どうぞみなさん今から本屋さんに行って、
公募ガイドを買って(とまでは言わないけど )見てください!!
全国誌掲載なんてめったにないことなので、どうかよろしくお願いします。。。


 

*-*-*Cocco原画展in大阪*-*-*


02/10/14 (
mon) 

幸せ体験してきました・・・・vvv
Cocco絵本原画展「南の島の星の砂」大阪展!!!!!
連休渋滞の高速道路にいりいりしつつもなんとか辿り着きました。
南堀江という場所はほとんど聞いたことがなかったので地図をみながら進むと、
そこはなんといつも駐車するアメ村のパーキングのすぐ隣でした(笑)
もっと分かりにくいと予想してたのに、全然知ってるとこだった。
アメ村にはすでにCoccoファンらしき人達があちこち(絵本を持ってるからすぐ分かる)いて、
Cocco気分最高潮!! なんかライブに行く時みたい♪

FM802があるビルの2Fが会場で、入り口の看板(星砂で文字がかかれててかわいいv)の前で
写真をばしゃばしゃ撮りまくりました。だって写真撮れるとこってここだけなんだもん・・・
建物の中に入ると、Coccoの曲が大音量で流れててそれだけで涙がじーー・・・ん(泣)
人がごったがえしてました。予想以上の人込みでちょっと焦りました。
真っ白い壁に、黒い額縁に入った原画が並んでました。
絵本と同じくらいのサイズで、ホンモノはさすがにすごかった!! めちゃめちゃキレイ!!
線描の細かいこと細かいこと・・・何でひっかいて描いてるのか分からないけど、
画面が汚れやすいクレヨンをよくぞここまで丁寧に細密に描いたな。。と感心しました。
人を押しのけてまん前まで行って、思わず至近距離で見つめてしまいました。

絵本の原画が一通り終わると、描き下ろしのCoccoの自画像が・・・!!
すげーー!!なんだコレはーーー!! めっさすごいぞ!!(叫)

絵本と同じように、12色クレヨンで彩色した上から黒いクレヨンで塗りつぶした後引っかいて線を出すっていう方法で描かれた自画像。本人そっくりな顔に薔薇の花がびっしりはびこってて、ものすごく強烈!
色も群青や赤やオレンジや緑がMixされていてその複雑さは表現し難きってかんじです。
一目では抽象的なイメージなんだけど、これも近くで見ると葉っぱや蕾なんかがすごい精密で、
顔の線は筋肉の流れを作っているのが分かった。(理科室の人体模型みたい)
生きてる。Coccoは強く生きてる。よかった。安心した。

そして、衝撃となつかしさの渦にいる私がさらに驚かされたのは、
壁に直接書かれたCoccoの直筆の文章でした。
小さくくずれた文字は、彼女の約束がちゃんと果たされたことを告げていた。
おまけに文末には「10/10 AM3:00」と記されてるやないか!! なぬーー!!
10/10とはこの展覧会初日。これはまさしく搬入の際に本人がここで書いたものだった。
びっくりびっくり(大汗) めっちゃ写真撮りたい。つーか触りたい!!
でもすぐ横でスタッフが見張ってるし、みんなきっと我慢してるだろうから、私も我慢・・・・(泣)
これって、この展覧会が終わったらきっと消されちゃうんだろーな・・・・・・・
消しちゃうくらいなら写真撮らせてくれ・・・(涙)
そう思ってる横で、高校生くらいのオンナノコがその文章を手帳にメモってた。
私は書くものを何も持っていなかったので、しかたなしにその場で目と記憶に焼きつけることにしました。
10分くらいずーーっと見てたと思う。

しばらくして少し落ちついてから、改めて周りを見回して見ると、
天井からは麻紐で結ばれた貝殻やガラスの欠片がいっぱい吊るされてて、スタッフカウンターの前には
本人が作って持ってきたらしい、沖縄の貝殻や小さながじゅまるの鉢植え(まじミニサイズ!)や
貴重な星砂の入った瓶がかざられてました。
それから、耳をすませてみると実は海の波の音が流れてて、 そこはそのまま沖縄の海岸に繋がってるみたいなんでした。ていうか、きっと繋がってたんだと思う。
すぐ隣は服屋なのに、その場所だけが潮風に吹かれていて天が見える様だった。
会場にいる人は絵を見終わると、大体私みたいにぼけーっと立ち尽くしてる人が多くて、
その人達も多分私が感じたみたいに、Coccoの島にワープしてたんだと思う。
そういう、何か完璧な場所でした。

最後に、長いデスクに何冊もずらりと並んでる記帳用のノートに名前と住所をでかでかと書いて、
以前買いそびれた別刷SWITCHのCocco特集とCoccoの作品が掲載されてる今月号の月刊文芸を買って、大変名残惜しかったけれど、会場を後にしました。

ほんとに小さくてささやかな空間だったけれど、こんなに心に残る贈り物をくれたことに感謝しなければいけません。
もう二度と会えないと思っていたCoccoにまた会えた。絵と空気を通してちゃんと会えました。
展覧会は大阪は10/20までやっています。
近辺で興味がある人はぜひ足を運んでみてください。
ちなみに東京では10/26〜11/11まで渋谷で行うみたいです。



展覧会のポストカード
残り一枚のところをGet!

会場入り口の看板。
横のポストカードが
一杯貼りつけられてる。


入ってすぐの階段上にポスターが!

 


 

重大情報サンクスたいちゃんvvv


02/10/12 (
fri) 

有言実行っっ!! 明日大阪へ行ってきます。
Coccoの原画展を見に!!!!!

これほど行動的な私を実感するのはまさに6年ぶりです。
金なんか無いけど気にするナ自分・・・また稼げばいーのよ・・・そうそう。
ただし日帰り。。。(寂)
つーかさ! 夕方、確認がてらCocco原画展の事務所にTelしたのよ。
場所とかわかんねかったから。四ツ橋なんてあんま行かへんし。
事務所のにーちゃんめっちゃ親切に教えてくれてんけど、
まさにそのバックからはCoccoの曲が じゃんじゃんかかってるやないかーー!!!
うぎゃーー

でんわからCoccoの曲聞こえるなんて初めての体験や!超感動っ!!!!(・・ばか・・)
Cocco知らないヒトにはよく理解できひんかもしれへんけど、これはものすごく心踊る瞬間なのーー
あーーもーーダメ。行くしかないわ。(つーか行くんだってば)
CDジャケットの原画公開は沖縄のみだったってのはちょっと悲しいけど、
行ってきます。目に焼き付けてきます。現在のCoccoを!!
じゃね!。またホーコクするわ♪♪


 

★★アイコン大量製造★★


02/10/10 (
wed) 

のわ!! 10日もニッキさぼってしまった!!(大汗)
しかもほとんどネットしてへんし・・・ 何やってんだ私・・・

はい。何やってたのかとゆーと。ずばり ちまちま アイコン制作でっす!!
ははーー またもやへんてこなやつらが増えてしまった。
未確認生命体とメディカルアイコン♪♪
ここまできたら、まともな(?)アイコンは作れません。貫徹!
笑いのネタに酒の肴にどーぞ、持って行きやがれ!!


 

祝!!「南の島の星の砂」発行!!


02/10/01 (
tue) 

10月です。雨降って快適な一日ですv
今月から老人医療と乳幼児医療の患者負担割合が変更されることになって、
初日の今日は朝からソフトの改訂やら保険証の確認やらでてんやわんやでした。
どんどん医療費が高くなっていきます。慢性疾患患者にとってはかなりの痛手です。
所得が多いヒトは負担が大きい(老人だと2割負担)ので、ひそかにその人の社会的レベルを
観察しちゃったりもして・・・(笑)
ふつーのじーちゃんやと思ってた人が実は学校の理事長だったりとか。
医療機関というのもなかなかにプライバシーがばれてしまうとこだなあ。くわばらくわばら。

さて、Coccoの初めての絵本「南の島の星の砂」をめでたくGetしました!!
うれしすぎる・・・こんな日が来るとはおもってみませんでしたーー(泣)
どきどきしながらパッケージを開けてみると、それはそれはビューティフルな絵本!!
沖縄への祈りがぎっしりつまっていました。
Coccoらしい、なつかしくてやさしい色使いで、でも荒荒しくて能動的な描画がとってもこまかくこまかく
丁寧に広がっていて、見ていて血が逆流しそうな熱い感覚を覚えた。
不思議なほどに、詩も絵も色もみんな私の知ってるCoccoの曲を連想させます。
今までのアルバムの完全版がこの絵本なんだってかんじです。
なんだかちゅうとはんぱなところで音楽活動が中止されてしまったけど、例え歌じゃなくても彼女の吐き出したいことはみんな同じに伝わるみたい。
とてつもなくでかいエネルギーを秘めた人です。つくづく・・・
ジャケ買いから始まった私とCoccoの関係だけに今回の絵本出版は心から待ち望んだものでした。
ほんとうは音楽界で活動してほしいことは山々なれど、言葉や絵でも十分にCoccoを感じることが
出来たのはとっても嬉しい。
沖縄では原画展も行われたそうです。はぁーー見たかった!!
特別Cocco好きとかでなくても、彼女の絵には必ず感情を揺さぶられると思います。
ひとつ、ちょっとショッキングだったのは、カバーの裏の作者近況の写真!
Cocco髪の毛切ってるーー! しかも前髪みじかいし!!
歌手時代の彼女は一部では貞子説が流れたほどに髪の長い人だったのよ。
デビューからずっと黒髪ワンレングスが一貫としたイメージだっただけに、ちょっとびっくり。
今のほうが歳相応といえばそうだけど。
地毛は茶髪だそうだし(今回の写真も茶髪だった)。
島人に戻って、自分らしく人生をおくっているようです。お子さん元気かな。
本人は元の生活に戻っているというのに、以前のCoccoを求めて止まないFanはたくさんいると思う (私みたいに)。
彼女からもらったものは大きいけれど、それにいつまでもしがみついていてちゃやっぱりダメなんだろうな。
ちょっとさびしいね。